またPCのHDDをSSDに換装→体感速度2倍!

先日リビングのPCをHDDからSSDに換装したのですが、あまりにも簡単に出来て、明らかなスピードアップ(PCの起動や各種ソフトウェアの起動)が見られて価格以上のメリットが感じられました。

そこで仕事で使用している富士通のESPRIMO FH56/SDもSSDに換えました。使用したSSDは前回同様こちらです。

SPJ001TBSS3A55B シリコンパワー SiliconPower SSD Ace A55シリーズ 1.0TB 【PlayStation4/4 PRO 動作確認済】楽天で購入

値段がずいぶん上がってますね。税込9,280円で購入(12/9)したのですが、現在(12/16)は10,880円と17%も値上がりしています。もっとも1TBのSSDにしては購入した価格が安すぎたというのはありますが。

SSD到着後まずはクローン化です。前回同様EaseUS Todo Backup Freeを使用します。一つ注意点です。「システムクローン」実行中に経過時間と残り時間が表示されるのですが、最初は当てになりません。2分くらい経過したところで残り28分と表示されていたのですが、5分経つ頃には残り時間40分、10分後には残り3時間となっていました。「終了後シャットダウンする」という項目にチェックを入れてPCを放っておいて気長に待つことにしましょう。

クローン化終了後はいよいよ換装です。まずはPCの小さな裏蓋を開けます。

左側のネジを外します。次に裏蓋全体の下部にあるネジを外します。そして力技で爪で留まっているパネルを取り外します。

まだHDDが見えません。またドライバーでネジを外していきます。ESPRIMO FHシリーズは面倒です。HDDが見えるまでドライバーを使用しなかった東芝のREGZA PCとは大違いです。

ネジがたくさん見えますが、L8と表記のあるところだけを除けていけば構いません。

ようやくHDDが見えました。Seagateの1TBです。ステーはネジで留められていませんでした。

ステーの横についているネジを外してHDDを取り外します。

そしてSSDの取り付けです。

ステーに両面テープで貼り付けました。この時点でPCの起動を確認したかったのですがスタンドがなく自立しないので金属カバーを取り付けてから電源を入れました。

すると問題なく起動しました。シャットダウン後電源コードを抜いてからバックパネルを取り付けて完成です。

体感速度が2倍になった感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。