Aliexpressで購入した激安ドライブレコーダー(リア用)

フロントガラスに取り付けるドライブレコーダーは10年以上前から利用しているのですが、煽り運転が社会問題となっている昨今リアにもドライブレコーダーを付けたいと思い、吸盤取り付けタイプのドライブレコーダーを数年使用していました。

ただ1ヶ月に1度は吸盤がはがれて下に落ちていました。その度にまた取り付けて角度の調整をするのが面倒でした。そこでディスプレイのない両面テープ取り付けタイプのドライブレコーダーを探すことにしました。

価格とサイズ最優先です。そうなると中国製です。いろいろ検討した結果こちらの商品にしました。

一応画質はFHDです。Android OSのカーナビに接続して使用するカメラですので電源はUSB供給です。送料込み¥1,500なので失敗した時の諦めもつきます。

1ヶ月後到着しました。

今まで数多くのものをAliexpressで購入していますが、ここまで箱が潰れているのは初めてです。私は中身が大丈夫なら全然気にしません。

簡易包装です。

包装を取りましたが、製品は大丈夫そうです。

車(レヴォーグ)に取り付けます。両面テープです。

できるだけ視界の邪魔にならないようにと最初黒いボード上に取り付けたのですが、すぐに剥がれてしましました。やむを得ずリアウィンドウに張り付けました。

コードはなるべく目立たないように這わせました。電源は後部座席用のUSB電源から取ろうとしたのですが届きませんでした。1mの延長コードで問題解決です。

リアビューミラーから見たところです。思ったよりも大きく見えます。コードも一部たるんでしまいます。素人仕事なのでこれくらいは良しとしましょう。

肝心の画質です。昼間です。

十分見られる画質です。近くに来ると後ろの車のナンバーも分かります。日付と時刻はAndroid Autoに繋げていませんので調整できません。最初からOFFの状態だとありがたかったのですが。

こちらが夜です。

夜は厳しいですね。前方だとヘッドライトで照らしているので比較的見えるのですが、リアはライトがないので他車のライトに頼るしかありません。またリアガラスがスモークになっていますし、田舎に住んでいるので夜の明かりも少ないです。それでも何かあった際の確認としての役割は果たせるでしょう。日本製だともっと明るく映っているのかもしれませんが、価格から考えると十分です。

最後にリア専用と謳っているドライブレコーダーを紹介しておきます。

「Aliexpressで購入した激安ドライブレコーダー(リア用)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。