上海の電動バイク事情

中国というと自転車が多く走っているというイメージがありますが、それは一昔前の話です。最近はバイクと車だらけです。そのバイクですが、日本で言うところの原付の形・大きさをしていますが、それらのほぼすべてが電動です。

imgp2850
(電動バイクだらけです。手前から2番目の自転車のような乗り物も電動バイクです。)

電動バイクのメリットは排気ガスが出ない、ランニングコストが安い、音がしないということです。パワーが出ないというデメリットがあるのですが、上海はほぼ平地でパワーが要らないということで普及に拍車をかけているのでしょう。いいことだらけのようですが、実際はそうでもありません。

まず、音がしないので近づいて来ても分かりません。そのため乗り手はクラクションを鳴らしながら走るります。これがなんともやかましいこと。エンジン音以上に不快で耳障りです。

しかも明らかに歩道であるところを走ります。まるで自転車で進んでいるかのように、歩行者のすぐ脇を走るので恐ろしいです。

また、夜間に無灯火で走るのも一般的なようです。ライトを点けているバイクもいるのですが、大半は無灯火です。危険極まりない。

imgp2729

上海に旅行に行く人は気をつけてください。私も横断歩道ではねられそうになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。