TWRPのリストアでerror 255→リストア断念

Android 10ベースのMIUI 11にアップデートしたMi Mix 2sですが、カメラ音とフォントが気に入らないのでTWRPでバックアップを取ったAndroid 9ベースのMIUI 11に戻します。

しかしアップデート以降リカバリー領域が書き換えられたようで、Xiaomi純正のリカバリーモードが起動し、TWRPが起動しません。仕方ないのでPC経由でTWRP起動します。

先日ダウンロードしておいたtwrpのイメージファイル(最新はtwrp-3.3.1-1-polaris.img、他の機種はここから検索できます)をDドライブに置きます。Mi Mix 2sをPCに繋いで、コマンドプロンプトを起動し、Dドライブに移動します。そして次を入力してブートローダーを起動します。

adb reboot bootloader

これを入力してtwrpを起動します。

fastboot boot twrp-3.3.1-1-polaris.img

起動後「Restore」をタップします。

USB-C接続のmicroSDカードリーダーを接続し、「Select Storage」で「USB OTG」を選び、バックアップファイルを選択します。

「Swipe to Restore」をスワイプして、リストアが始まります。

カードリーダーのLEDが点滅してmicroSDカードを読んでいるのがわかります。

しかし数分後、点滅が点灯に変わっていました。スマホを見ると次のような表示が出ています。

赤字でエラーが出ています。「extractTarFork() process ended with ERROR: 255」です。

よくわかりませんが、とりあえずもう一度リストアをしてみます。数分後、同じ結果となりました。

TWRPをPCから起動しているからダメなのかもと考え、一旦端末に焼いてみました。その際にコマンドプロンプトに入力したコマンドがこれです。

fastboot flash twrp-3.3.1-1-polaris.img

その後端末からTWRPを起動し、再度リストアを試みますがやはりエラーを吐いて止まってしまいます。

一度端末を起動してみましょう。すると起動画面が立ち上がりましたが、すぐに再起動し、その後いわゆるブートループとなりました。やってしまいました。電源ボタン長押しで強制終了します。

別の端末で撮影していた写真でエラーを見ると、システムをリストア中に止まっています。ブートループも当然ですね。

「extractTarFork() process ended with ERROR: 255」 でググると約36,100件ヒットします。リストア時にdataをリストアしないsystemだけリストアしないといった対処方法があり試してみましたが、どちらもダメでした(前者はdataまでたどり着けずにエラー排出、後者はどこでエラーが出たのか忘れました。もう疲れていましたので)。

残念ながらリストアを断念します。純正ROMを焼き直しましょう。

「TWRPのリストアでerror 255→リストア断念」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。