純正ROMを焼いたらすぐにbootloaderアンロックを忘れずに(必要な人向け)

Xiaomiのbootloader(ブートローダー)をアンロックしている端末で純正ROMを焼いたらまたロックされるんですね。他のメーカーも同じかもしれませんが知りませんでした。

以下TWRPでのリストア断念の続きとなります。

純正ROMを焼き直します。MIUIの公式サイトにあるROMはバージョンが11.04となっていますのでAndroid 9のようです。これを焼きます。やり方はこちらの公式ページの通りにやります。以下元のページを簡単に訳しました。


STEP 1
MIUI ROM Flashing Toolをダウンロードします。端末をロックしている場合は、アンロックします。

STEP 2
ROMを選びます。

STEP 3
端末の電源を切り、ボリュームダウンキーと電源ボタンを同時に押し、Fastbootモードに入ります。それからWindows PCと接続します。

STEP 4
ダンロードしたROMファイルを解凍します。

STEP 5
MIUI ROM Flashing Toolを解凍します。インストール後、MiFlash.exeを開き、ROMファイルのフォルダーのパスをアドレスバーに貼り付けます。refleshボタンをクリックすると端末を認識します。その後flashボタンをクリックします。

STEP 6
progressバーが進んでいき、flashが完了するとresultにsuccessの文字が表示されます。その後端末が自動的に起動します。


以上でROM焼き終了です。元のページにはスクリーンショットもあるのでわかりやすいです。

起動後はセットアップをします。googleアカウントを引き継ぐとアプリも自動的にインストールしてくれるので楽ですね。1時間ほど放っておくとアプリも入ったようです。

ここでもう一度TWRP導入とMagiskインストールです。端末の「開発者向けオプション」を有効にし、「USBデバッグ」をオンにします。端末をfastbootモードにして PCに繋ぎます。

ここでTWRPをフラッシュしようとしてのですが、エラーが出ます。はっきりとは覚えていないのですが、lockされていると表示されたように思います。その時初めてbootloaderが再ロックされているということに気づきました。

再起動し、「開発者向けオプション」でロック状態を確認するとやはりロックされていました。

仕方なくまたアンロック作業です。一度しているので特に問題なく進みましたが、データがすべて削除されました。再起動後、またセットアップのやり直しです。

1時間後TWRPとMagiskを入れてようやく元の環境に戻りました。ただ作業中に通話履歴とSMSが消えてしまいました。Android 10から9へのダウングレードだったので、うまく復元できなかったのでしょうか。

ROM焼き直後にbootloaderがロックされていることに気づいていたら、もっと作業が短縮できたでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。