USB接続ドライブレコーダーを後方専用として設置

中国の通販サイトAliexpressを通して激安で購入したUSB接続ドライブレコーダーですが、自分の車には搭載を断念しました。

けれども当初の予定通り後方専用のドライブレコーダーとして嫁さんの車に取り付けました。

内側からはこんな感じです。外側から写真を撮ろうとしたのですが、スモークガラスで写真を撮っても鏡のように反射した周りの風景しか映りませんでした。

テールゲート(リアゲート)を開けたところです。コードはゴム下に隠しています。

素人なので内装カバーを外すことができません。なのでコードが垂れ下がっています。時間があるときに配線留め具でもう少し見栄えをよくする予定です。

後部座席のマット下にコードを這わせます。

USBの延長コードを使ってディスプレイ付きカーオーディオのUSB端子に繋げます。とりあえず手元にあった白色のUSB延長コードを使用しましたが、黒色に変更したいです。

このUSB接続は単に電源を取っているだけです。Android Autoならアプリをインストールすることで映像が出るのですが…

 

設置してからの動画がこちらになります。まずは日中(朝)の映像です。

結構鮮明に映っています。後方専用としては十分機能を果たします。上5分の2くらいに表れている横筋はデフロスターの熱線です。

次に夜間の映像です。

こちらは暗いです。スモークガラスを通しての撮影となるので全体的に暗いです(田舎道を走っているせいもありますが)。真後ろに接近した時に後ろの車のナンバーがかろうじて確認できる程度です。ただ何か起こった際の記録にはなるでしょう。

千円弱の買い物としては満足です。あとは耐久性ですね。